2020年振り返り

年を跨いでからしれっと書き始めたけど,とりあえずいろいろやった2020年を振り返る.方向感を失わないための備忘録.

 

 

2020.01 卒業研究

年明け前日,大晦日23時台まで粘ってv1を提出し,年明けからはひたすらレビュー依頼→修正の流れ.最終的に177ページの卒業論文になった(付録含む).

卒業論文のテーマは「プログラミング思考過程の行動分析と傾向に基づく教育支援システムの開発」.時間の掛かる実験に協力してくれた学生たち,本当にありがとう.

 

2020.02-.04 サークル設立の計画〜設立

前からやりたいと思っていたことを実現するべく,とりあえず動くことにした.「大学の施設を活用して印象的なことをやりたい」という野望と,「システムを作るだけじゃないプログラムの面白さを見せることで,学生が興味を持つ方向を増やしたい」という考えが起点.正直,自分が1年生のときに,そんなコミュニティが欲しかった.「表現のためのプログラミング」を普及させるために,『クリエイティブコーディングサークル「ARTiS」』(以降,ARTiSと呼称)をつくろうと計画.Twitterでメンバーを集め,初期メンバー7名を確保.とりあえず人集まって良かった!!

学外のプログラムアート関連コミュニティ(Processing Community Japanなど)との繋がりを持つきっかけにもなった.

ohayota.hatenablog.com

 

2020.03 学会発表

情報処理学会 第82回全国大会」で,オンラインでの学会発表.学会発表と同じくらい金沢旅行を楽しみにしていたので,オンライン開催になったのは残念.

結果としては,学生奨励賞を取れたので良かった.前年の5月ごろから苦労してたことが報われた感じ.大場研からは5名も受賞者が出た.どうやら今年は,未来大が受賞数トップだったそう.

www.ipsj.or.jp

 

2020.03 北海道学生ダーツ選手権大会

4年間の1番の趣味であるダーツの大会.CRICKETの調子は良いのに,01の調子が絶望的という調子の悪さを発揮してしまった.出場者100名近く?で個人戦BEST8.団体戦準優勝.

団体戦決勝5LEGメドレーの4LEG目,最終LEGに繋がるかどうかの1本を決められた.外せばチームの負けが決まる局面で,4年間の実戦で鍛えられたメンタルが活きた.今でも試合の録画を見ると,結果がわかっているのに心拍が上がるくらいの超スリリングな局面.

 

2020.04 院進

リアルでの卒業式・入学式なし.いまいち卒業・進学の実感に欠けた月だった.オンライン授業で始まった4月を過ごした感想としては,「授業は別にオンラインで十分かな」ということ.ただ,大学のキャンパスや情報ライブラリでの立ち読みが好きだったので,大学への登校と情報ライブラリの利用制限が掛かったことが堪えた.

 

2020.05 PCHJ#01登壇

Processing Community Japan主催のオンラインイベント,「Processing Community Hangout Japan #01」に登壇する機会を頂いた.2020.04.01-2020.05.14の期間でやっていた「#dailycodingchallenge」での取り組みについて,各参加者がLTしたり,逆に主催者がインタビューしたりというイベント.

100名超の人とインタラクティブに情報交換ができるような機会を頂けたのは,本当にラッキーだった.質問に的外れな回答をしてしまったのがちょっとアレだけど.

www.youtube.com

 

 

2020.05 大会優秀賞

3月の全国学会発表について大会優秀賞も頂いた(どうやら一般投票が反映された上で審査があり時間差があったらしい).未来大では初の受賞者になった.未来大では自分以外にも1人受賞,大会奨励賞1人受賞という,なんだかすごいことになっていた.

正式な表彰は2021年3月の第83回全国大会.学会も表彰も全部オンラインになった.本来は大阪に招待されるはずだったのにな......!

www.ipsj.or.jp

 

2020.05-.07 非常勤講師

某学校で期間限定の非常勤講師.Javaと英語を担当した.講義時間という限られた時間で,個人に合わせて教えることの難しさを実感.

 

2020.05-.10 クリエイティブコーディングワークショップ

ARTiS活動の一環として,特定のトピックについて短時間で学び作品をつくる,オンラインワークショップをやっていた.8回中7回は自分で主催して,「Random」「Noise」「Object」「Image」「Renderer」「Color」「Attractor」の資料やテンプレプログラム,バナー作成まで完結.

qiita.com

 

2020.06 「PCJ ZINE vol.0」表紙デザイン&寄稿

「Processing Community JapanでZINEを出す」という面白そうな話を聞いたので,とりあえず表紙/裏表紙制作メンバーとして関わってみることにした.

表紙だけでなく,ZINEの内容としても「Silk」という記事名で2ページ寄稿.ARTiSでも寄稿.

 

2020.08 未来大×CA LT登壇

「転がっているデータから創り出すアート」というテーマで5分LT.気象庁が公開しているCSVを持ってきて,Processingで処理して作品にしてみた.このLTを聞いた1人が,ARTiSに入部してくれた.

f:id:ohayota:20210102170345p:plain

「今日と過去の風」
各地の最大瞬間風速(8月8日と過去)を色分けし
風向きに応じて切り取った円で描いた

 

2020.09 「クリエイティブコーディング作品展 #01」開催

大学施設が使えないので,リアル空間じゃアプローチできない人々を対象にしたバーチャル作品展を開いた.自分が担当したのは,企画,制作進行,作品出展(7作品),Mozilla Hubsの会場デザイン少々,広報.ポスター制作や展示会場制作など,自分で時間を割くのが難しかった部分はメンバーにめちゃくちゃ頼った.ありがとう.

 

2020.09 「PCJ ZINE vol.1」寄稿

個人としての寄稿と,ARTiSとしての寄稿.

#つぶやきProcessingで,いろいろ調べながら5時間かけて圧縮したコード.作品「Prism Scope (Overwrite)」.

 

2020.12 「FunLocks」メンター

iOS担当メンターとして,学内ハッカソンの「FunLocks」に参加.

mokomoka.hateblo.jp

 

ビーコン検知用のサンプルアプリとテキストまで全部作り,「ビーコン&iOS勉強会」を担当.

github.com

 

学部3年のプロジェクト学習でビーコンを扱っていてよかった.

chikuwait.hatenablog.com

 

ハッカソン期間中は数回しか仕事がなかったけど,自分の制作物が役に立ってたらいいなと思う.

 

2021にやること

ARTiSの目的は達成されていないので,今年も活動の幅を広げてやっていく.

ものづくりはやめない.自分の基準で,微量でもプラスの満足感を持って生きる.

*1:x+t*9)/800)-.5;n=x/12;p=180*sin(a*TAU);r=radians;f=r(n-p);s=r(n+p);stroke(x/8,30+225*cos(TAU),255,.03);q=360;line(q*cos(f),q*sin(f),-q*cos(s),q*sin(s

ARTiSというサークルを作った話

FUN Advent Calendar 2020 Day19です.

adventar.org

 

クリエイティブコーディングサークル「ARTiS」 

f:id:ohayota:20201219023227p:plain

artis-creativecodingcircle.github.io

 

今年度のはじめ,『クリエイティブコーディングサークル「ARTiS」』を設立しました.

公立はこだて未来大学(以下「本学」)では初のクリエイティブコーディングサークルです.

活動目的は「自由な表現の追究と,クリエイティブコーディングの普及」.

所属しているからといって,作品をつくる義務はありません

(どんな活動をしているのかだけ知りたい方は,途中は読み飛ばしてください)

 

ARTiSは,学びと発信の場を作ります. 

ARTiSは,表現のためにプログラムを書きます.

 

このような場としてのサークルを作ったきっかけに,自分が他のプログラミング言語より長く使っている「Processing」を使った授業と,興味深い本との出会いがあります.

 

必修授業「情報表現入門」でのProcessing

本学に1年生から在学している学生であれば,必修授業「情報表現入門」で必ずProcessingに触れているはずです.

 

以下,今年度シラバスp.55「情報表現入門」から引用.

https://www.fun.ac.jp/wp-content/uploads/2020/04/2020_syllabus.pdf

情報表現のために必要な「対象の観察・分析・様式化・再構築のプロセス」と「プログラミング言語記述能力の基礎」をアプリケーションの作成を通して学ぶ.

(中略)

表現関連テーマとしては,データが持つ情報属性を理解し,それらを効果的に可視化する方法を学び,プログラミング関連テーマとしては,手続き型言語に関する基本概念の理解,アニメーション,初歩的な対話処理を学ぶ.

デジタルアート(プログラムアート)としての表現については授業の主題ではなく,関連する情報に触れるには,授業外で本などの資料を漁ることが必要です.

 

情報表現入門の課題では,例年「ブロック崩し」「スケジューラ」などのシステムを作ります(今年度は少し違ったようですが).

www.youtube.com

 

入り口がシンプルな言語ながら様々な機能を実現できるため,プログラミング初学者に適した課題だと思います.

ただ,システムを作るには,他の言語で作った方が便利かつプラットフォーム利用者が多い場合があります(例えば,モバイルアプリなど).

大抵の学生は違うプログラミング言語に流れていきます.

全員が触れているはずなのに,授業が終わってからProcessingを使い続ける人は数えるほどしかいませんでした(自分が把握している限り).

 

自分も「もうProcessingに触れることはないだろう」と思っていましたが,大学で見つけた本の影響を受けます.

 

ジェネラティブ・アートを知る

「ジェネラティブ・アート Processingによる実践ガイド」という本を見つけました.

www.bnn.co.jp

公式サイト内の解説文を引用します.

アーティスト/デザイナーのためのプログラミング環境「Processing」を使って、美しく予測不可能な「ジェネラティブ・アート」をスケッチするための解説書。

(中略)

本書は、そのProcessingを利用して、「ジェネラティブ・アート」と呼ばれる生成的な視覚表現を作るためのわかりやすい手引き書です。

この本1冊を通じて,予測不可能性を含めたアルゴリズムによる視覚表現に惹かれました.

そこから少し時間が開いたものの,時々Processingを使った投稿をするようになります.

 

 

国内のProcessingコミュニティ

自分が学んでいたSwiftに関連するイベントには,Try! SwiftやiOSDCなどのカンファレンスがあります.

Processingにも,Processing Community Dayというイベントが1年に1度ありました.

Processingのカンファレンスのような感じかと思います.

twitter.com

 

現地に行くことは日程の都合上できませんでしたが,YouTubeでの配信もありました.

www.youtube.com

 

イベントを見て,表現のためのプログラミングを楽しむ人が,思っていた以上に多いことを知りました.

 

Processingを楽しむ人のコミュニティは,学外にありました.

自分が個人でコミュニティに参加することに,抵抗はありませんでした.

 

ただ,学内で同じような興味を持ってくれる人を増やすことには繋がりづらい.

本学の他の学生にアプローチすることは,個人としては難しいと思いました.

個人としてではなく,一つの小さなコミュニティ(学内のサークル)から,学外のコミュニティにアプローチしたいと思いました.

これなら新入生にも知ってもらえると思いました.

 

サークルを作る

このような考えから,まずはうっすらと興味を持っている学生を探しました.

メンバーを集めるきっかけは,一つのツイートでした.

 

このツイートに反応した人に声を掛けました.

 

探した限りでは,近いことをやっていそうなサークルは学内にありませんでした(正確には,情報にアクセスする手段がほとんど見つからない上に,活動があまり活発には見えなかった).

だからARTiSを作りました.

https://artis-creativecodingcircle.github.io/

 

サークル名「ARTiS」の由来となった言葉は,「ART is 〇〇.」です.

 

ARTiSでは,やりたい表現を自由に学びながら実践していきます.

作って終わりではなく,発信もします.

現に,Twitterなどを利用したコミュニティで作品を発信しています.

  

ARTiSの活動

設立してから,サークル単独の活動や,コミュニティと関わる活動をしてきました.

ARTiSの活動については,Twitterハッシュタグ「#ARTiS_Activity」で見ることができます.

twitter.com

 

主にこんな感じの活動をしていました.

  • 2020年度サークルカット制作(〜2020.2,制作1名)
  • ロゴ制作(〜2020.3,初期メンバー7名)
  • オンライン新入生勧誘(2020.4)
  • ワークショップ(2020.4〜)
  • PCJ ZINE vol.0への寄稿(2020.5,執筆4名)
  • クリエイティブコーディング作品展 #01(準備2020.7〜2020.9,展示2020.9,出展7名)
  • PCJ ZINE vol.1への寄稿(2020.9,執筆3名)
  • 部誌制作(2020.11〜)

 

2020年度サークルカット制作(〜2020.2,制作1名)

f:id:ohayota:20201219112609p:plain

2020年度サークルカット

サークルカットは,新入生勧誘冊子に載せるために制作したものです.

4月の新入生勧誘中止により冊子に使われることはありませんでしたが,TwitterのヘッダーやARTiS公式サイトのヘッダー(背景)になっています.

Processingと,ライブラリ「joons-renderer」をガラスや金属をレンダリングするために使用しています.

github.com

 

ロゴ制作(〜2020.3,初期メンバー7名)

f:id:ohayota:20201219112351p:plain

ロゴ

設立時にロゴを制作しました.

グラフィックと組み合わせた時に,グラフィックの邪魔をしないようなロゴタイプにしました.

使われているフォントの名前「Avenir」は,フランス語で「未来」を表します.

「iS」の部分に使われているターコイズという色は,「自由」「創造」といった意味を持つそうです(諸説ありますが).

「ART is 〇〇.」の「is」の先を自由に創るという意味を持たせています.

 

プロトタイプ作成から書き出しまで,すべてProcessingで完結しました.

 

オンライン新入生勧誘(2020.4)

大学側から,Zoomでオンラインサークル勧誘の場が設けられました.

30分が割り当てられ,前半はサークルについて説明し,後半は簡単なコードでライブコーディングしました.

5名ほど,興味を持ってくれた新入生が連絡してくれました.

 

ワークショップ(2020.4〜)

 

60〜90分で特定のテーマについて学び,不明点をリアルタイムで聞きながら作品を1つ作ることを目指します.

タイムアタックみたいな感じでもありますね.

 

過去に,不定期で8回開催しています.

  • Workshop#1 "Random"
  • Workshop#2 "Noise"
  • Workshop#3 "Object"
  • Workshop#4 "Image"
  • Workshop#5 "Renderer"
  • Workshop#6 "Color"
  • Workshop#7 "Recursive"
  • Workshop#8 "Attractor"

 

部員がつくった作品は,Twitterハッシュタグ「#ARTiS_Workshop」から見ることができます.

twitter.com

 

イベントのバナーをどのように作ったかについては,Qiitaで執筆した記事に書いています.

Processing Advent Calendar 2020 Day12の記事です.

qiita.com

 

ついでにProcessing Advent Calendarの記事も漁ってみると面白いと思います.

adventar.org

 

PCJ ZINE vol.0への寄稿(2020.5,執筆4名)

ワークショップを4回開いたことについて書いています.

 

クリエイティブコーディング作品展 #01(準備2020.7〜2020.9,展示2020.9,出展7名)

f:id:ohayota:20201219124256p:plain

展示会場(Mozilla Hubs)

リアルでの展示ができないため,作品展はオンライン開催としました.

7名で24作品の展示で,展示期間中の来場者数は約300名となりました.

初回である本作品展では,プラットフォームによって可能な展示方法を見るために,展示会場に3つのプラットフォームを利用しています.

中間試験と準備期間が丸被りしている中,特に展示会場準備班には非常にお世話になりました(土下座).

来場者から工夫についての意見をいただくこともできました.

 

PCJ ZINE vol.1への寄稿(2020.9,執筆3名)

クリエイティブコーディング作品展 #01について書いています.

 

部誌制作(2020.11〜現在)

今年の活動をアーカイブするために,部誌を制作しています.

年明けの発行を目指し,絶賛執筆中です.

 

余談

ロゴなどをなるべくProcessingで完結しようとしているのは,サークルのある方針に基づくものです.

Slackで発令したAdobe製品禁止令です(別に嫌いなわけじゃなくて,自分はAdobeCCめちゃくちゃお世話になってます).

f:id:ohayota:20201219152409p:plain

SlackでAdobe製品禁止令を発令した場面

せっかくProcessingが使えるんだったら,とことんProcessingを使い倒そうという意図でした.
なお,発令してから半年で,代表(自分)が自ら破っています.おい.

 

今年度の振り返りと来年度のあり方

今年度は最初からオンラインでの活動になりました.

その影響で,対面で話したことがないメンバーが半分います.

最近の状況を見る限りは,来年度もオンライン中心の活動が続くことでしょう.

 

オンライン中心ということは場所の制約がないというメリットがあります.

オンライン作品展のように,現地開催としていたら来場者が限定されていたことを考えると,現状のスタイルも悪く無いとは思います.

(それでも,同じサークルに所属するメンバーで集まれないのは少し寂しい)

 

来年度もサークルを続けていきます.

システムを作るためだけのプログラミングだけでなく,表現のためのプログラミングを徐々に広げていきたいと思います.

メンバーの忙しさが少し落ち着いたタイミングで,2回目の作品展を開きたいですね.

まずは,来月の部誌の完成を目指します.

発行されたら,是非読んでみてください!

 

表現のためのプログラミングに興味を持つ人が増えますように.

*1:x+t*9)/800)-.5;n=x/12;p=180*sin(a*TAU);r=radians;f=r(n-p);s=r(n+p);stroke(x/8,30+225*cos(TAU),255,.03);q=360;line(q*cos(f),q*sin(f),-q*cos(s),q*sin(s